HOME ≫ 学術研究・高等教育のための公的統計ミクロデータ利用

学術研究・高等教育のための公的統計ミクロデータ利用

 平成21年4月に全面施行された統計法(平成19年法律第53号。以下「統計法」という。)では,統計を社会の情報基盤としてとらえ,統計データの有効利用の促進を図る制度が整備されました。
 一橋大学経済研究所附属社会科学統計情報研究センターは,独立行政法人統計センターと連携協力し,学術研究を行う研究者等を対象として公的統計の匿名データの提供などを推進していきます。

※独立行政法人統計センターとの連携協力及び公的統計データの二次利用については独立行政法人統計センターホームページをご覧ください。

お知らせ

【年末年始の窓口業務休止期間のお知らせ】

下記,年末年始はすべての窓口業務を停止します。年内最終日は22日(木)となります。

   平成28年12月23日(金・祝)~平成29年1月3日(火)

お手数をお掛けいたしますが,上記期間の前後はお時間に余裕をもって手続きをお願いいたします。

【平成29年度政府統計匿名データ利用促進プログラム 参加者募集】

只今,当研究所では若手研究者等を対象に,匿名データ利用手数料など匿名データを使う研究の費用の一部を助成する平成29年度『政府統計匿名データ利用促進プログラム』の参加者を募集しています。奮ってご応募ください。最終締切は平成29年9月30日です。
ご応募には匿名データの利用申出を完了して頂くことが必要です。参加ご希望の方は必ずプログラム公募要領等匿名データ利用の手引を両方ご覧の上,当窓口までご相談ください。(注意:採択日は最早で平成29年4月1日となります。助成期間は採択日からですので,それ以前に発生する費用には助成できません。平成28年度中にご応募される方はご注意ください。)

【公的統計のミクロデータ利用ガイドの紹介】

(公財)統計情報研究開発センターより、「公的統計のミクロデータ利用ガイド」が発行されました。
匿名データ利用の手引きとなるものと思いますので、ご紹介いたします。
詳細は以下をご覧ください。

公的統計のミクロデータ利用ガイド
-社会生活基本調査の匿名データを用いた分析を例として-

【窓口ご来訪の皆様へ】

窓口担当者が他業務で不在の場合もありますので,当窓口ご来訪の際は事前にメールでご予約ください。
特に,匿名データの窓口返却については事前予約なしにはお受けできません。(利用規約等へ抵触しますので,他のスタッフに返却する匿名データを預け,担当者に渡すよう求めることはご遠慮ください。
お手数をお掛けしますが,学内利用者を含む利用者の皆様のご協力をお願い致します。


[2016/11/30] 提供する匿名データの追加

「平成24年 労働力調査」の匿名データ提供を開始しました。

[2016/11/14] 「匿名データ等利用推進ワークショップ」開催のお知らせ

12/10(土)に本学国立キャンパスにて、「匿名データ等利用推進ワークショップ」を開催致します。
本ワークショップでは、学術研究や高等教育での「匿名データ」や「個票データ」の利用を推進するため、それらを用いた研究の結果やサテライト機関の取り組みについて報告を行います。

なお、プログラム、参加申し込み等につきましては、こちらをご覧ください。
多くの方のお申し込みをお待ちしております。

[2016/04/04] 本年度の窓口業務開始

本年度の窓口業務を開始いたしました。
本年度の業務は2017年2月28日までとなります。
多くの方のご利用をお待ちしております。

» これまでのお知らせ履歴

INDEX

● 匿名データの提供

● オーダーメード集計

● オンサイト利用

● イベント情報

● FAQ(独立行政法人統計センター)

問合せ先

ミクロデータの利用に関するご質問等は,すべて下記のメールアドレスにお願いします。
micro@ier.hit-u.ac.jp

窓口開設期間・時間

4月1日~2月末日(土日,祝日,年末年始の期間,その他お知らせで事前に周知する期間を除く)
午前の部 10:00~12:00,午後の部 13:00~17:00