HOME ≫ 学術研究・高等教育のための公的統計ミクロデータ利用

学術研究・高等教育のための公的統計ミクロデータ利用

 平成21年4月に全面施行された統計法(平成19年法律第53号。以下「統計法」という。)では,統計を社会の情報基盤としてとらえ,統計データの有効利用の促進を図る制度が整備されました。
 一橋大学経済研究所附属社会科学統計情報研究センターは,独立行政法人統計センターと連携協力し,学術研究を行う研究者等を対象として公的統計の匿名データの提供などを推進していきます。

※独立行政法人統計センターとの連携協力及び公的統計データの二次利用については独立行政法人統計センターホームページをご覧ください。

お知らせ

【新型コロナウィルスの感染拡大による業務への影響について】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、大学内への入構規制がされております。

このため、メールによるミクロデータの利用相談等は通常通り受け付けておりますが、匿名データの初回利用時における本人確認などの対面での業務が必須となるものについては、規制が解除されるまでお待ちいただくことになり、通常より大幅に時間がかかることが想定されます。

ご不明な点については下記問い合わせ先のメールアドレスまでご連絡ください。

【令和2年度オーダーメード集計補助プロジェクト 参加者募集】

只今,当研究所では大学等に所属する研究者等を対象にオーダーメード集計利用手数料の一部を助成する令和2年度『オーダーメード集計補助プロジェクト』の参加者を募集しています。奮ってご応募ください。最終締切は令和3年1月31日です。
ご応募には独立行政法人統計センターへオーダーメード集計の利用申出をして頂くことが必要です。参加ご希望の方は必ずプロジェクト公募要領等をご覧の上,当窓口までご相談ください。

【窓口ご来訪の皆様へ】

窓口担当者が他業務で不在の場合もありますので,当窓口ご来訪の際は事前にメールでご予約ください。
特に,匿名データの窓口返却については事前予約なしにはお受けできません。(利用規約等へ抵触しますので,他のスタッフに返却する匿名データを預け,担当者に渡すよう求めることはご遠慮ください。
お手数をお掛けしますが,学内利用者を含む利用者の皆様のご協力をお願い致します。


[2020/10/19] 研究集会「官民オープンデータ利活用の動向及び人材育成の取組」のご案内

公的統計のミクロデータのより一層の有効活用及び学術研究の発展に資するため、2020年11月17日(火)にオンライン(Zoom)にて共同研究集会「官民オープンデータ利活用の動向及び人材育成の取組」が開催されます。

詳細は下記の(独)統計センターのウェブサイトをご覧ください。
https://www.nstac.go.jp/services/setumeikai.html

参加申し込みは下記からお願いいたします。
https://hrs.ad.hit-u.ac.jp/v33/entries/add/341

[2020/04/01] 国勢調査(平成22年,27年)の匿名データの提供を開始しました

提供できる匿名データに次のデータが加わりました。どうぞご利用ください。

• 国勢調査(平成22年,27年)

利用可能な匿名データは匿名データ一覧をご覧ください。
匿名データの利用方法は申込み方法をご覧ください。

利用をご希望の方はメールにて当窓口までご連絡ください。

» これまでのお知らせ履歴

INDEX

● 匿名データの提供

● オーダーメード集計

● オンサイト利用

● イベント情報

● 利用促進の取組
 〇 IPMUS-I
 〇 秘密分散・秘密計算システム
 〇 統計データ変換ツール
 〇 カンボジアミクロ統計データベースの提供
 〇 生活時間調査関連情報
 〇 基本統計量に基づいた度数別数値パターン検索

● FAQ(独立行政法人統計センター)

問合せ先

ミクロデータの利用に関するご質問等は,すべて下記のメールアドレスにお願いします。
Email.gif

窓口開設期間・時間

4月1日~2月末日(土日,祝日,年末年始の期間,その他お知らせで事前に周知する期間を除く)
午前の部 10:00~12:00,午後の部 13:00~17:00