HOMEミクロデータの利用 ≫ オーダーメード集計

オーダーメード集計

オーダーメード集計とは,学術研究等の発展に資するため,一般からの委託を受け,公的統計の調査票情報を利用して,統計の作成等を行うことをいいます。
オーダーメード集計の詳細につきましては,独立行政法人統計センターホームページをご覧ください。

人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築プログラム
オーダーメード集計補助プロジェクト

一橋大学経済研究所は,日本学術振興会の「人文学・社会科学データインフラストラク チャー構築プログラム」の一環として,オーダーメード集計補助プロジェクトの公募を行います。オーダーメード集計とは,学術研究等の発展に資するため,独立行政法人統計センター等が一般からの委託を受け,公的統計の調査票情報を利用して,(原則)有料で統計の作成等を行うことをいいます。本プロジェクトは,一定の条件の下で,この作成料を補助します。

平成30年度公募要領は下記のとおりです。

以下の公募要領を確認の上、必要な手続きをお取りください。

必要書類等

平成30年度 公募要領

pdficon.gif  (PDF)

申請書様式

pdficon.gif  (PDF)    wdicon.gif  (MS Word)

 

申請方法 (公募要領より抜粋)

申請者本人のメールアドレスから,統計センターに提出した申請書類一式,本研究所が指定する様式の申請書のPDFファイルと,PDF化前のワードファイルをに電子メールで提出してください。

なお,統計センターの事前相談(申請前に実施するオーダーメード集計の利用に関する相談)において,本プロジェクトへの応募の意思を公的統計ミクロデータ利用窓口へ電子メールで表明し,利用方法について説明を受けてください。

Email.gif

 

留意事項 (公募要領より抜粋)

統計センターで実施しているオーダーメード集計の受付は,会計処理上,年度内に統計表を提供できるものに限られます。したがって,年度内に受託する業務量が上限に達した場合,オーダーメード集計の受付を早期に終了することがあります。

また,作成する統計表の詳細な仕様の確定後に作業時間と金額の見積りを行うため、仮申出から正式申出までに1ヶ月以上見込む必要があることから,統計センターへの相談や仮申出はできるだけ早く(遅くとも12月中旬までに)行うことをお奨めします