HOME資料室案内所蔵資料 ≫ その他の文書資料

その他の文書資料

当センターには長年にわたり収集してきた資料のうち、現在では受入の経緯が判明しない寄贈資料が多数ありました。それらを資料の内容や書き込み等から下記のように分類し、整理を行いました。

1. 明治期国政資料

進歩党、憲政本党、立憲国民党に係る国政資料(明治29年~大正元年)及び地租条例改正など租税に関する資料(明治31年~37年)で構成されています。

資料リストicon_pdf.png(194KB)

2. 美濃口時次郎氏旧蔵資料

美濃口時次郎氏は昭和2年東京商科大学(一橋大学の前身)を卒業し、協調會参事、内閣調査局専門委員、企畫院調査官を経て、一橋大学、名古屋大学教授を歴任しました。人口問題、労働問題等の著作があります。当センター所蔵分は主に企畫院調査官時代の業務資料(大正9年~昭和19年)とみられます。

資料リストicon_pdf.png(585KB)

3. 大川一司氏旧蔵資料

大川一司氏は明治41年、静岡に生まれ、昭和8年、東京大学農学部農業経済学科卒業後、一橋大学教授、経済企画庁経済研究所初代所長、一橋大学経済研究所長等を歴任しました。「長期経済統計」をはじめとする日本の経済成長に関する研究を行いました。

多方面の審議会等で使用した資料(主に昭和20~30年代)を中心に構成されています。なお当センターで未所蔵の図書資料は受入し、一般資料の中に混排しています。

資料リストicon_pdf.png(253KB)

4. 昭和15年貴族院議会資料

貴族院議長松平頼壽宛に提出された法律案、予算案等で構成されています。資料の多くは昭和15年3月の日付があり、全て紐で一つにくくられていたものです。

資料リストicon_pdf.png(118KB)

5. 工藤弘安氏旧蔵資料

工藤弘安氏は大正13年新潟県に生まれました。昭和23年東京大学第一工学部応用数学科卒業後、統計委員会事務局に採用され、行政管理庁統計主幹を最後に退官しました。成城大学教授、統計審議会委員、国際連合統計委員会委員等を歴任しています。

資料の主な内容

  1. 総理府統計官に就任し、行政管理庁職員時代に収集・作成した業務資料 など
  2. 成城大学教授時代に収集した、官公庁の統計資料 など
  3. 出席した会議・研究会の会議録や配布資料、係った組織等の資料 など
  4. 行政機関による各種調査票、新聞・官報など抜粋記事 など
  5. 個人的な原稿・ノート・資料、大学における講義・事務資料、郵便物、メモ など

なお上記の資料のうち、当センターで未所蔵の図書資料は受入し、一般資料の中に混排しています。

資料リストicon_pdf.png(236KB)

6. その他旧蔵者不明資料

ここには、出所が不明の資料をまとめました。年代は大正2年に遡るものもありますが、ほとんどが昭和20~50年代の政府統計関係資料で構成されています。また、昭和30~40年代の東京都の固定資産関係資料を含みます。

中には劣化が激しいもの、散逸して部分的に残っている資料も含まれます。

資料リストicon_pdf.png(301KB)

利用方法

事前のお申し込みが必要になります。貴重資料等閲覧申請書icon_word.gifに必要事項を記入し、当センターにご連絡ください。なお、個人情報が含まれる場合は閲覧をお断りする場合がありますので、あらかじめご了解ください。