HOME資料室案内 ≫ オンライン版都道府県統計書データベース

オンライン版都道府県統計書データベース

オンライン版都道府県統計書データべース(学内限定・センター提供)exlink.png
 

『都道府県統計書』とは

「各都道府県が明治以降毎年刊行してきた各管轄区域の人口、農業、工業など様々な項目についての統計書です。明治6〜7年頃の「一覧表」に始まり、明治17年の内務省「府県統計書様式」によって様式が統一され、昭和16〜17年頃まで刊行、戦後は昭和22〜23年頃から復刊されました。全国規模の統計年鑑等に比べ項目が細分化しており、また県の統計書だけに記載されたデータも収録されるなど、当時の社会経済・財政・教育などの事情を知る上で見逃せない基本資料です。」(引用「都道府県統計書データベース(PSO)パンフレット」、丸善雄松堂書店 http://myrp.maruzen.co.jp/j_dac/pso/exlink.png

参照 http://j-dac.jp/top/info/hris/prefectural_default.htmlexlink.png

利用の範囲

マイクロフィルム版「明治年間府県統計書集成」「大正・昭和年間府県統計書集成」はすべて所蔵しています。「都道府県統計書集成 戦後編」は所蔵しておりません。

オンライン版が販売完了するのは、出版社のWebサイトにあるように2017年11月です。よって今現在すべての時代と地域をオンラインで検索することは不可能です。

そこで、2016年7月現在販売中のオンライン版(モジュール1~15まで)に含まれる原本情報等を調べ、それぞれのアクセス可否をリストにしました。オンライン版が発売されていてもアクセスできないもの(契約外)が分かるようにし、『都道府県統計書』が現在「どの年代・地域までがオンラインで検索、どれがマイクロ版での利用となるか」を一覧にしました。なおこのリストは各年度はじめに更新する予定です。

収録書リストicon_excel.gif(511KB)